独身 病院

HCUに入院

投稿日:2018年8月13日 更新日:

先日入院した友人のことを書きましたが今回はその後について。

HCUってきいたことはありますか?

コトバンクによると
高度で緊急を要する医療を行うための病室と書いてあります。

M赤十字病院へ転院して30分後には緊急手術→ICU→HCU

こんな流れで友人は入院しました。

手術は麻酔含めてざっと3時間ほど。

急だったので付き添いの私はそのまま待機して
院内のカフェで腹ごしらえをして待ちました。

HCUですが、
通常は見舞い(一般の)はできないところが多いようです。
高度の治療対象者の部屋ですから当たり前といえば当たり前ですが...

因みにM赤十字病院は知人友人の見舞いはHCUでは不可です。

私は友人(独身)のキーパーソン(家族の代わりに判断する人)に
選ばれていたので家族扱いとして行っていました。
こちらへほぼ毎日見舞いで訪問しました。
友人の親が高齢ということもあり、近くに誰もいないということでしたので。

ICUは深刻な空気があったのですが、そのお隣のHCUはそこまで深刻さはありませんでした。

少し状況がよくなったけど、予断は許せない感じの方、
そういった方のHCUでした。

こちらでは救急で運ばれてきた人が殆どで
予定入院で手術された方はほぼ見かけませんでした。
※ベッドの各自担当科が救急科と書いてあるのでわかった

ICUから移った2日くらいは個室でしたがその後6人部屋に移り
二週間ほどこちらでお世話になりました。

HCUの看護師の方は知識も含めモチベーションも高くみられました。(個人的印象です)

さて、今回一番考えさせられたのは

患者が独身で一人住まいの場合の手続き。

患者に意識があって、
キーパーソンを指定できる
だけのものがあればいいのですが、
意識がない場合で
家族が遠方または不在の場合は
親しい仲でもそれを証明するものは何もなく...
病院での立ち位置が微妙になります。

特に緊急手術などがある場合。

キーパーソンと指定されると詳細も確認できますし
本人に代わって色々手配や判断ができましたが
指定されていない場合は本人が色々しなくてはならず、
重篤の場合は無理です。

私の周囲は独身が多く(!)
親も死別、高齢者だったりするので一人で対処する可能性大。

今回のことはちょっと色々考えさせられました。

虫垂炎から腹膜炎。

そして結腸まで切る。盲腸が大きな病気に。

病後も傷は大きく、膨らんでいます。

ちょっとした食料の買い出しも...

------------------------------------

今年の友人の夏はいつもの独身貴族を返上で、、、

身体が痩せて(8KG)ガリガリになり体力失い…

そして人生を再考する機会になったようです。

元気で動けるうちに、と

次の人生を考えるいい機会になった様子。

今回お世話になった M赤十字病院はとても良かったです。

最初に救急搬送された杉並区のY中病院とは雲泥の差でした。

M赤十字病院店

 

手術の間に待機していました

この病院の見舞時間は20時までなのでそれに合わせて営業みたいです。

-独身, 病院
-, , , ,

Copyright© にゃじこ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.